初心者キャンプにオススメのテント

久しぶりにキャンプをしてきた。
GWのキャンプなんぞ初めてだったのだけれど、寒い寒い(汗
手持ちのテントは、ツーリング用の小型テントだったので、家族で寝られるヤツを1つ購入。今回はその辺りの情報を踏まえてテントについて書いていきたい。
あ、合わせてこっちの記事も読んで欲しい。

4~5人用のテント
最近はそれなりに安いテントも出回っているのだが、良いテントにはそれなりのお値段が。
安物で、どうのというのであれば、このクラス。
写真にはポールが写っているが、実際には別売りの模様。
まあ、取り敢えず最低限の広さとそれなりの性能を発揮はしてくれる。
だが、まともな製品を、と言う事であればこの手のシロモノに手を出す事をオススメする。
コールマンのタフドームシリーズは、定番中の定番。キャンプ場に行ったら5割はこれなんじゃないかと思うくらい。

それでも、迷ったらこれを選んでおくべきだ。価格差を考えても、上の2つとは1万円前後の差があるが、損を感じない程度には作りも優秀だ。
もう一つの定番アイテム、スノーピーク。
コールマンかスノーピークか、と言われれば、スノーピークをオススメしたい。キャンプ場でもかなり使用者が多いので、それだけ優秀という事でもある。
まあ、欠点を挙げれば、使用者が多いのでコールマンかスノーピークを選ぶと、まず間違いなく迷う。どれが自分のテントか分からないなんてことも。


どれが良いのか?
パフォーマンスを重視
まず、テント選びで迷ったらコールマンをオススメしたい。
4人家族であれば、これを買っておけばまず間違いが無い。
大人5人で使うには少々狭いが、問題無く使える。テントの布地も丈夫で長持ち。1回買えば何年も使える。重量は10kgで、ファミリーユースが前提の重さだ。
ただ、テントの高さがあるので、大人が立っても窮屈さを感じない。付属してくる小物も十分な品質だ。
まず間違いなくオススメの逸品である。

拘り派にはこちら
安くはないが、拘りたい初心者ならばスノーピークだろう。
コールマンのテントより作りが良く、細部に細かい配慮があって、買えば満足できること間違いなしだ。重量は8.0kgなので、運ぶにはちょっと不便なところもある。
ただ、キャンプ場ではコールマンよりは少数派という事もあって、見分けを付けやすいというのもちょっとしたポイントになる。

高くても良いモノをと言う方
ハッキリ言って、モンベルの製品の中では安めの値段設定なのだが、こちらも良い。
スノーピークかモンベルか、というのは甲乙が付けがたいのだが、軽さならこちらに軍配が上がる。また、少し組み立てにくい構造になっている印象はあるが、居住性に関してはその構造上、コールマンやスノーピークの追随を許さないと、個人的には思っている。
総重量5.4kgというのは、驚きの軽さだ。

なお、今回のキャンプでは、全部の商品をみる事ができた(笑)

安さを重視
いや、2回も3回も行くかどうか分からない。取り敢えずあれば良いと言う方はこちら。
他の製品と比べるとどうしても見劣りするが、性能に関してはそれなり。細かい配慮もあるし、十分に使えるレベルだ。ただ、重いのが難点だな。重量は12.5kg。
1万4千円で買えるのは非常に魅力的だろう。長く使っていく、使用頻度が高い、と言うのでなければ、選択肢としては十分にアリだ。

ちなみにだが、我が家はサウスフィールドのテントを買った。……ちょうど、お金が無かったんだよね(涙)

ただまあ、十分に使えるレベルのテントであった事だけは報告しておこう。あ、上にも書いたか、テント設営用のポールは別売りだ。あれば便利かな。
ポールもロープも別売りなのだ。徹底しているな!
このポールは、テントのひさしを作る為のポールなので、無くても問題は無いが……、雨が降った場合等を考えると、持っておくことをオススメしたい。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に